ファンド会社によって異なる資産運用の手数料

販売手数料が安い証券会社を選ぼう

販売手数料は安い方がいいファンド会社は多いです。販売手数料に結構な金額をかけてしまうと、その差し引かれた手数料分で投資額が下がってしまう可能性があります。せっかく高いお金をかけて投資をしたのに、投資額はかけた金額よりも大分すくないということになったら、あまりいい気はしないと思います。ですので、販売手数料が低いところに投資をしておくのがいいでしょう。販売手数料が高いからと言って、優秀なファンドだという訳でもなく、むしろ安い方がいいということもありえます。ですので、販売手数料が高いファンド会社よりも安いところに投資をした方が安全です。
投資の手数料は他にもいろいろありますが、販売手数料のように、手数料が少ないところに投資しておくと失敗はしません。100万円投資をしたら、手数料が3%だった場合は、97万円と結構な額が取られてしまうので、手数料が少ないところに投資するに越したこともありません。

投資信託を途中で売却しても手数料がかからないことがある

投資信託では売却する時に手数料がかからない所に投資するのがおすすめです。お金がなくて売却しようとしているのに、手数料がかかってしまうと辛いと思います。そこで、売却しても手数料がかからない所に投資をすれば、そういう事態も防ぐことが出来ます。お金がなくて、また投資したいのに出来ないということにもなりません。そして、その後の投資先も売却の手数料がかからないところにするといいでしょう。
投資をする時に、売却時にかかる手数料は見落とされがちですが、きちんと手数料がかかることを知っておけば安心できます。探しても見つからなかった場合も、諦めないで頑張って探してみましょう。長期解約は無料で短期解約は有料というところもあるので、出来るだけ長期で運用してみると損はしません。