今話題のNISAとは?ファンド会社に聞いてみよう!

いろいろなファンドがありますよ

数百万円から数千万円までの資金を証券会社の営業マンに一任して運用してもらうサービスがファンドラップです。複数の投資信託に資金を振り分けるのですが、運用担当者は国内だけでなく海外の投資信託にも目を向けるのでグローバルな投資ができる可能性もあります。自分で投資信託を選ぶのが難しいと感じる人はファンドラップを選ぶ傾向にあります。定期的に担当のスタッフが運用結果をレポートしてくれるだけでなく今後どうするべきかも助言してくれます。
運用担当者に資金を預ける前に証券会社や信託銀行が実施するアンケートに回答することで、リスクをどの程度許容できるのかを運用担当者は知ることができます。そのアンケートに基づいて分散投資されます。

NISAという制度の概要

NISAとは一定額の投資収益とか配当額が免除される制度で大人用はもちろんのこと子供向けの制度もあります。年々NISA用の口座を作る人は増えているので、それだけ支持されている人が多いことが伺えます。
少額の投資が非課税になるので、より多くの投資家を増やせることが口座数増加の背景にあります。非課税になったぶんを再投資にまわすことができるメリットもあります。NISA口座は確定申告する必要が無いので気軽に始めることができます。
非課税になる期間は5年間なので、いくら儲かっていようが5年間を過ぎたら売却した方がよいです。もしくはどうしても売却したくない銘柄を持っている場合は、NISAでない口座に株式を移すこともできます。